ベストケンコーで手軽に個人輸入

医学が進み以前は治らなかった病気の治療法や治療薬も増え、多くの患者さんが助かるようになりました。
しかし、それでもまだ十分とは言えません。
特に、全世界で治療法が確立されていない病気ならともかくとしても、海外では取り入られている治療薬が日本では使えないなんてこともあり、多くの患者さんが環境が違えば受けられるはずの治療が受けられないなんて事態になっています。
そこで、このような患者さんのために日本では認可されていない海外医薬品でも、個人的な利用に限り海外から輸入することを厚生労働省は認めました。
いわゆる個人輸入ですね。

さて、個人輸入といっても普通の人では輸入方法が分からないという問題が生じます。
また、海外との取り引きですので代金を支払ったけど商品は届くだろうか、偽物が送られてはきやしないかなどの不安点もあります。
実際、素人が自身で個人輸入をするのは難しいので、この場合はインターネットの個人輸入代行業者を活用することをおすすめします。
個人輸入代行業者は、消費者に代わって医薬品を輸入してくれる業者のことです。
輸入代行業者も数多く存在しますが、実績がある人気の輸入代行業者なら心配はいりません。
その中で、私が活用したのはベストケンコーと言う個人輸入代行業者です。
ベストケンコーはインターネット個人輸入代行業者の中でも人気の高い代行業者であり、今までに10万人以上への販売実績をもっています。

また、取扱商品数は1350品もあり、他のサイトでは見つからなかった海外医薬品もここでなら見つけることができるというのも決め手でした。
品質の信頼性から口コミ評価ももちろん高く、薬剤師による成分保証を行ったもののみの販売で正規品保証も取れているので安心感もあります。
加えて全国一律送料無料、手数料や消費税も無料となっており、医薬品そのものの薬価で購入できて経済的なのも利点です。
品質、薬価、スピード、安全性どれをとってもベストケンコーが一番でした。
個人輸入の代行手続きは難しくありません。

ベストケンコーのHPにて当該医薬品を通常のネットショッピング同様に購入するだけです。
すると、代行業者が消費者に代わって個人輸入の手続きをしてくれますので、私たちは自宅に商品が届くのを待つだけという手軽さです。
海外から送られてくるので少々時間はかかりますが、対応も早いので待たされるということもありません。
ちなみに個人輸入では、輸入できる用法用量に制限があります。

これを守れば関税に引っかかるというようなこともありませんし、単純計算で18000円程度なら関税もかからないようです。
個人輸入という言葉だけ聞くと面倒くさそうな手続きですが、専門業者を仲介すれば実際のところ簡単にできてしまうものなんですよね。
ただし安全性は一番重視したいところですので、個人輸入を検討している方は信頼性が高いベストケンコーで手続きをすることをおすすめします。

※追記
こちらのサイトがベストケンコーについてジャンル別に解説しているサイトです⇒ベストケンコーについて詳しいサイト
01
私も参考にしているサイトです、分かりやすくておすすめですよ。